脱ゆとり教育

2008年に改訂された学習指導要領のことを脱ゆとり教育と呼ぶ場合があります。

小学校では2009年度に一部前倒しで行われ、2011年度より完全実施されます。
中学校では2009年度に一部前倒しで行われ、2012年度に完全に行われます。
高校では2012年度の入学者から一部前倒しで行われ、2013年度の入学者からは完全に行われます。


この改訂後の学習指導要領では、授業時間・内容の削減を行ってきたゆとり教育とは逆に内容を増やし、授業時間を増加させる教育となっています。
具体的には、小学校では278時間、中学校では105時間ゆとり教育の授業時間よりも増加し、47都道府県の名称や位置や台形の面積の公式、縄文時代、イオンなどの内容が追加される予定です。


小学校で2011年度から使われる教科書は、マスコミから「脱ゆとり」と騒がれ、全教科で前回(2004年の検定)よりも25%、ゆとり全盛期(2001年の検定)より43%ページ数が増えたことが、文部科学省の2011年度から使われる小学校の教科書検定の結果の発表でわかっています。

教科書が厚くなることに合わせて、2012年からのランドセルは一回り大きくなるそうです。



Wikipedia参照

 

教師の質

ゆとり教育が失敗だったといわれる原因のひとつに、教師の教育力不足がよく挙げられます。

その理由が、国から言い渡された新しい指導内容(ゆとり教育)を理解しきれてないまま教育が始まってしまい、教師自身がゆとり教育に沿った自分たちの教えることを考える力、内容を説明する力を持っていなかったためとされています。

これからの教育に必要なのは、組織的な教師の教育だといわれています。

現在、教員免許は更新制となり、力量不足の教師は研修を受けることになっています。
教員免許を取得する単位にも徐々に変化が入ってきていて、現場の教育を受ける・見学する機会が増えてきています。


生徒の学力をあげるためには、まず教師の学力を上げなくてはなりません。
教育方法だけいきなり変えても、教える教師が理解していないと意味がないからです。
教育方法の変化へと対応できる教師の育成、これが教育現場に最も必要なことだと思います。





ホームゆとり教育とは学力低下の例ゆとり教育の今後ブログリンク集

携帯版

ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページ ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -